十三詣

おこさまの健全育成をねがって

「十三詣(じゅうさんまいり)」とは、干支が一巡し数え年13歳になった年の春(本来は4月13日)に心身息災・智恵授けを願って神仏にお参りするというならわしです。

身体的にも精神的にも大人への過渡期である重要なこの時期、二十歳の「成人式」に至るまでの節目のお祝いとして、また青少年期の“厄祓”的な願いを込めて、神社に昇殿して「十三詣」をお受けになることをおすすめいたします。

対 象

平成17年生まれ(平成29年に数え13歳を迎える)男女

※満年齢13歳(平成16年・15年生まれ)の方でも結構です

 

期 間

3月下旬~5月上旬

※地域の風習により様々な時期に行われるため、当社では一年を通じてお受け致します

 

 

初穂料

お一人 5,000円

※神札・お守り・絵馬を授与いたします