古いおふだ・おまもりの焼納(おたきあげ)

当社では、年間を通じて古い御札・御守などをお預かりいたしております。神様にお守り頂いた御札や御守・授与品などは一年をめどに神社にお納めいたしましょう。

おたきあげは、ただ単に燃やすわけではなく、祝詞をお上げし修祓を行なってから、齋火という神様の火で焼き清める神事です。しかしながら、昨今では、人形・ぬいぐるみや鏡餅・数珠・宗教書など神社に関係のないものをお持ちになる方があり、神社としても焼納に苦慮いたしております。おあずかりできるものとできないものの区別は以下のとおりです。(神社・仏閣によって基準は異なりますので他寺社にお持ちの際は各自ご確認ください)

 

【注意】

◇神社仏閣境内であっても、露店等で販売されているものは寺社授与品ではありません。パワーストーン・数珠や霊能者から授与されたものもお預かりできません。

◇門松・鏡餅は自宅や販売店にてご処分ください。鏡餅型のプラスチックパックや紙製の三方(餅の台)は家庭ゴミとしてお出し下さい。

◇かわらけ・御神酒壺・水器・榊壺は自宅にてご処分下さい。

 

なお、そのまま処分するのは気にかかるという場合、次の2つのうちいずれかの方法でご処分下さい。

 1・ご自分で「清め塩」でお祓いをしてから処分する

 2・神社で「清め祓」を受け、自宅に持ち帰って処分する

その他、おたきあげについてご不明な点はお気軽に神明社までおたずねください。

ご理解・ご協力いただきますよう

お願い申し上げます。